道元禅の起源 - 鈴木鴻人

鈴木鴻人 道元禅の起源

Add: ygyxopo78 - Date: 2020-12-19 16:01:54 - Views: 2974 - Clicks: 9624

0044 正法眼蔵弁道話講話 a 鈴木天山 昭14 ¥8,000. 0039 道元禅の研究 榑林皓堂 昭38 ¥10,000. もともと新しくてスマートなものには目がないIT企業は「ジョブズの禅」にさらに触発され、こぞって禅を社員プログラムに取り入れ始める。膨大な情報の海に溺れかかっていた知的エリートたちは情報と自分を統御する術を、禅、瞑想の一種であるマインドフルネスに見いだす。グーグル、インテル、IBM、フェイスブック、そしてその流れは米国防総省、米農務省にも及ぶ。 ジョブズによりスタイリッシュなイメージをまとった新たな禅のうねりは宗教色を排した「マインドフルネス」という名称のもとで、欧米に拡散している。オウムの残像消えやらぬ禅の本家、日本にも遅ればせながらこの波がひたひたと押し寄せている。. しかも現存する全ては六祖慧能に起源する南宗禅である。 中国禅は宋・元の時代に衰亡期に入った。 爛熟衰亡期に入った中国禅を日本人は熱心に学び受容したと言える。 日本に伝わった禅宗は24流で分類され、内20は臨済宗である。. (訓読) 夫(そ)れ、参禅は、静室(じょうしつ)宜(よろ)しく、飲食(おんじき)節(せつ)あり。諸縁を放捨(ほうしゃ)し、万事(ばんじ)を休息して、善悪(ぜんなく)を思わず、是非を管(かん)することなかれ。心意識(しんいしき)の運転(うんでん)を停(や)め、念想観の測量(しきりょう)を止(や)めて、作仏を(さぶっと)図(はか)ることなかれ。あに坐臥(ざが)に拘(かか)わらんや。 尋常(よのつね)、坐処(ざしょ)には厚く坐物を(ざもっと)敷き、上に蒲団(ふとん)を用う。あるいは結跏趺坐(けっかふざ)、あるいは半跏趺坐(はんかふざ)。いわく、結跏趺坐は、まず、右の足をもって左の腿(もも)※の上に安(あん)じ、左の足を、右の腿(もも)の上に安ず。半跏趺坐は、ただ、左の足をもって、右の腿(もも)を圧(お)すなり。寛(ゆる)く衣帯(いたい)を繋(か)けて、斉整(せいせい)ならしむべし。次に、右の手を左の足の上に安じ、左の掌(たなごころ)を右の掌(たなごころ)の上に安ず。両(りょう)の大拇指(だいぼし)、面(むか)ひて相拄(あいさそ)う。 乃(すなわ)ち正身端坐(しょうしんたんざ)して、左に側(そばだ)ち、右に傾(かたむ)き、前に躬(くぐま)り、後(しりえ)に仰ぐことを得ざれ。耳と肩と対し、鼻と臍(ほぞ)と対せしめんことを要す。舌、上の顎(あぎと)に掛けて、唇齒(しんし)相著(あいつ)け、目は、須(すべから)く常に開くべし。鼻息(びそく)微(かすか)に通じ、身相(しんそう)既(すで)に調(ととの)えて、欠気一息(かんきいっそく)し、左右搖振(さゆうようしん)して、兀兀(ごつごつ)として坐定(ざじょう)して、箇(こ)の不思量底を思量せよ。不思量底、如何(いかん)が思量せん。非思量。これ乃(すなわ)ち坐禅の要術なり。 いわゆる坐禅は、習禅にはあらず。ただこれ安楽の法門なり。菩提を究尽(ぐうじん)するの修証(しゅしょう)なり。公案現成(こうあんげんじょう)、羅籠(らろう)いまだ到らず。もし、この意を得ば、龍の水を得(う)るがごとく、虎の山に靠(よ)るに似たり。当(まさ)に知るべし、正法(しょうぼう)自(おのずか)ら現前(げんぜん)し、昏散(こんさん)まず撲落(ぼくらく)することを。もし、坐より立たば、徐徐(じょじょ)として身を動かし、安祥(あんしょう)として起つべし。卒暴(そつ. 道元禅の歴史 フォーマット: 図書 責任表示: 竹内道雄ほか執筆 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 春秋社, 1980.

2 形態: 191p ; 22cm 注記: 各章末:参考文献 著者名: 竹内, 道雄(1922-) シリーズ名: 講座道元 / 鏡島元隆, 玉城康四郎編集 ; 2 書誌ID: BN00351678. See full list on intojapanwaraku. 禅は,インドに起き,禅宗は,中国で始まる。座禅を意味するインド仏教の禅に対し,禅宗は自派の起源を次のように主張する。仏陀が晩年,霊鷲山で説法していると,梵天(ヒンドゥー教の神)が一枝の花を献ずる。仏陀は,これを大衆に示す。大衆には.

禅の修行が厳しく、師家のほうでも敢えて禅人を苦しめるのは、富貴で安穏であれば仏道を求めることが困難だからである。釈迦が王位に就いて姫と歓楽に耽り、国中の財産を集めた贅沢三昧の生活を、自ら捨てて出家して六年間の苦行をしたのも、この. 愛知県一宮市生まれ。5歳で長野県塩尻市の曹洞宗無量寺に入門。15歳で得度し、愛知専門尼僧堂で修行。駒澤大学仏教学部、同大学院修了。曹洞宗教化研修所を経て、昭和39年(1964年)より愛知専門尼僧堂勤務。 昭和51年(1976年)、愛知専門尼僧堂堂長。昭和59年(1984年)、特別尼僧堂堂長、正法寺住職を兼務。平成21年(年)、曹洞宗の僧階「大教師」に、尼僧として初めて就任。現在、無量寺東堂兼務。 インドへの仏跡巡拝、東西霊性交流の代表団の一員としての渡欧、マザー・テレサの救済活動への参加、アメリカ合衆国各地の禅道場の訪問など、日本国外での活動も多い。. 年 其中堂 新刊仏教書 曹洞宗・禅宗一般 ご注文は其中堂のホームページからどうぞ. 道元禅の起源 <思想としての身体> 鈴木鴻人 泰流社. See full list on wpedia. 刊行・1984年 出版社名・泰流社刊 著者名・鈴木 鴻人著〆221㌻。管理番号・14-2発送は、郵便ゆうめーる・クリックポスト便です。梱包手数料などはいただきません。古本であることをご了解の上ご入札下さいますようお願い致します。. マインドフルネスとは、スリランカやミャンマーで仏典に用いたパーリ語の「サティ」の英語訳だ。サティとは「いま、ここ」への気付き。過去にも未来にも行かず、今、自分がしていることに本当に気付いていることを意味する。仏教的瞑想あるいは上座部仏教(テーラワーダ)の瞑想から宗教色を排したものといってもいい。このマインドフルネスが一大ブームの兆しにあるのだ。ポイントは宗教色をなくし、座禅のように足を組む必要がないということ。5分でも10分でも、自分の呼吸や体の微細な感覚をただ観察するだけ。反応することなくただ気付づいていることが重要という。 道元禅の起源 - 鈴木鴻人 宗教の衣をまとわないから、企業研修にも無理なく取り入れられ、鬱(うつ)など心の病の治療法として病院でも導入されている。英国では学校で行った結果、いじめが減ったとの報告もある。スマホのアプリにもさまざまなものが登場。タイマーをセットすれば鐘を鳴らしてくれ、「今あなたと一緒に瞑想したのは世界で6835人です」などと表示される。9月にはiPhoneの新OS(基本ソフト)、iOS10のヘルスケアメニューにはこれまでの行動量、栄養、睡眠に加えマインドフルネスも加わった。 4年前から月2回のマインドフルネス実践会を東京で主宰、少年院でも定期的に瞑想指導を行う日本マインドフルネス学会理事の小西喜朗氏は「マインドフルネスの機能的側面からアプローチしてくる人が大勢いる。最初はそれでいいが、マインドフルネスは本来もっと奥が深いもの。そこは勘違いしないでほしい」と、根底にある禅的側面の重要性を説く。.

そもそもジョブズはなぜ禅に興味を持ちはじめたのか。ジョブズにとって禅は何だったのか。 禅をZENとして世界に定着させた鈴木大拙 禅は南インド出身で、後に中国に渡った達磨(だるま)を祖とする。大乗仏教の一派である禅宗(曹洞宗と臨済宗)を略して「禅」と呼び、座禅が基本的な修行形態となる。中国では明の時代に衰退するが、日本には鎌倉時代に中国に渡った道元(1200~53)がもたらし、室町時代、幕府の庇護(ひご)の下で発展。明治以降、「日本の禅」は世界に広がっていく。 米国に禅を持ち込んだのは「2人のSUZUKI」といわれる。鈴木大拙(だいせつ、1870~1966)と鈴木俊隆(しゅんりゅう、1905~71)だ。大拙がもっぱら講演や英語での執筆活動を行ったのに対し、俊隆は米国人と共に座禅を組んだ。ジョブズが傾倒した禅の入門書『禅マインド ビギナーズ・マインド』(サンガ新書)は俊隆の著した書だ。 生まれた直後に養子に出されたジョブズは、若い頃から精神世界に没頭し、大学を中退した19歳の頃には当時のヒッピーの通過儀礼ともいえるインド放浪に旅立ち、1カ月を過ごす。精神世界の古典的バイブル『Be Here Now―心の扉をひらく本』(ラム・ダス著)を読んだ後、ジョブズが拠り所としたのが、俊隆の書だ。. 禅と実践: 秋山 範二(~1980)/著: 東京:教典出版: 1944/11: j 188 46: 22cm: 禅のある人生: 石丸 梧平/著: 東京:春陽堂書店: 1937/03: j 188 47: 20cm: 鈴木大拙随聞記: 志村 武/著: 東京:日本放送出版協会: 1967/02: j 188 48: 19cm: 鈴木大拙集. 仙友会同人: 徳源寺内仙友会: 昭7: 4,000: 4051: 宗教燕語: 和装活版: 鈴木子順編: 明14: 7,000: 4052: 塗毒鼓 全2: 洋装活版・見返し記名: 藤田玄路: 建仁僧堂: 昭32: 9,000: 4053: 江湖法式梵唄抄: 和装・小口に書名書入: 花園大学法儀研究室: 昭51: 18,000: 4054: 定本 禅林句集.

瞑想やヨガの人気ととももに「禅」に関心を寄せる人が増えています。最近は思想の側面を除いた英語の「ZEN」としても人気が高く、企業研修に取り入れる企業も増えています。しかし「禅」について、その思想や概要を説明できる人は少ないのではないでしょうか? ここでは、「禅」の起源. 本 の優れたセレクションでオンラインショッピング。. 当時の禅宗における入宋僧の目的が、正師を求め嗣書(※1)による印可(※2)を授けられる事にあるとしたら、命がけで大陸に渡るだけでも大変なのに、主流や本流に満足しない道元のような僧ににとっては、広大な国土を遍歴しまわらなければならず、まるで江戸時代の武士の敵探しの旅の. 海外で「ZENと聞いて思い浮かぶ人名は?」と尋ねたら、恐らく真っ先に上がると思われるのが「DAISETSU SUZUKI」こと、鈴木大拙だ。 東京帝大に進むかたわら、鎌倉・円覚寺の釈宗演(しゃくそうえん)のもとで禅を学んでいた大拙は、19世紀末に渡米。思想雑誌を出版していた哲学者ポール・ケーラスの助手として、東洋哲学や仏教関係の雑誌編集に携わることになる。禅の書物の英訳にも力を注ぎ、仏教、および東洋思想を広く世界に紹介した。中でも「大乗起信論」の翻訳、著書『大乗仏教概論』といった業績は、高く評価されている。 研究生活の最中、後に将来の伴侶となるアメリカ人女性、ビアトリスと知り合う。彼女はコロンビア大学に学んだ才媛。禅研究を通じて親交を深めたふたりは、大拙の帰国後、横浜領事館で結婚式を挙げた。第二次大戦後も8年にわたって滞米。ハーバード大学やプリンストン大学などで、仏教哲学や禅思想の講義をしている。こうしたさまざまな活動が、いわゆる「ZEN」ブームのきっかけとなったのだ。彼の膨大な蔵書は今、北鎌倉・東慶寺境内に設立された松ヶ岡文庫に収められている。 ◆鈴木大拙 1870〜1966年。仏教哲学者。石川県金沢市出身。東京専門学校、東京帝国大学選科に進む。今川洪川や釈宗演に参禅、「大拙」の号を授かる。アメリカより帰国後も禅学を説くべく教鞭を握る。同郷で同年の哲学者・西田幾多郎との友情は、生涯にわたって続いた。(写真提供/松ヶ岡文庫). See full list on culturebeanz. (12/8時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:ドウゲン ゼン ノ キゲン シソウ ト シテノ カラダ|著者名:鈴木鴻人|著者名カナ:スズキ,コウジン|発行者:泰流社|発行者カナ:タイリユウシヤ|ページ数:221p|サイズ:20】. 道元禅の起源 : 思想としての身体.

鈴木大拙: 1955: 角川書店: 天皇が十九人いた : さまざまなる戦後: 保阪正康 著: : 角川書店 【空です】日本教養全集 自殺について-唐木順三 虚無と絶望-埴谷雄高 生と死について-椎名麟三 現代の不安と苦悩-佐古純一郎: 会田雄次 遠藤周作 小松左京 監修. 7 形態: 221p ; 20cm 著者名: 鈴木, 鴻人 書誌ID: BNISBN:. そもそも禅とは、どんな歴史をたどってきたのでしょうか? そして、禅を支え、今に伝えた人物とは? ここでは、禅の大きな流れをひもといてみることにいたしましょう。 現在日本に伝わる仏教には、いくつかの宗派がありますが、そのほとんどは、経典の文字や言葉を頼りに教えを学びます。一方禅は、坐禅などの修行を通じ、釈迦の悟りを自らの身を以て追体験することを旨とします。修行の過程で、言葉では表現できない何かを会得し、釈迦の教えを学び取るのです。ちなみに「禅」という言葉そのものは、仏教における三つの実践行のひとつ「禅定(ぜんじょう)」の略で、ひとつのことに心を注ぐことを意味します。つまり、ある種の精神統一と言うこともできるのです。.

1、提唱テープ関係(90分、一部120分他:録音者 落合道順師、一部尾崎浄英) 永平広録(261巻於妙元寺)なお以下場所名無記の場合録音場所は妙元寺. 『道元 禅の起源』鈴木鴻人著 泰流社 『道元 典座教訓』藤井宗哲訳・解説 角川文庫 【余興】 ところで参考文献の『典座教訓』に記載されたレシピから手元にある材料を用いて作ったのが以下の三品。名付けて「平成の典座レシピ」。. (訓読) 原(たず)ぬるに夫(そ)れ、道本円通(どうもとえんづう)、いかでか修証(しゅしょう)を仮(か)らん。宗乗自在(しゅうじょうじざい)、なんぞ功夫(くふう)を費(ついや)さん。いわんや、全体はるかに塵埃(じんない)を出(い)づ、たれか払拭(ほっしき)の手段を信ぜん。おおよそ当処(とうじょ)を離れず、あに修行の脚頭(きゃくとう)を用うるものならんや。然(しか)れども、毫釐(ごうり)も差(しゃ)あれば、天地はるかに隔(へだた)り、違順わずかに起れば、紛然(ふんぜん)として心を(しんの)失す。たとい、会(え)に誇り、悟(ご)に豐かにして、瞥地(べっち)の智通(ちづう)を獲(え)、道(どう)を得(え)、心を(しんの)明らめて、衝天(しょうてん)の志気(しいき)を挙(こ)し、入頭(にゅっとう)の辺量に逍遥(しょうよう)すといえども、ほとんど、出身の活路(かつろ)を虧闕(きけつ)す。いわんや、かの祇園(ぎおん)の生知(しょうち)たる、端坐(たんざ)六年の蹤跡(しょうせき)見つべし。少林の心印を伝うる、面壁九歳(めんぺきくさい)の声名(しょうみょう)なお聞こゆ。古聖(こしょう)すでに然(しか)り、今人(こんじん)なんぞ弁ぜざる。ゆえに、須(すべから)く言(こと)を尋ね、語(ご)を逐(お)うの解行(げぎょう)を休すべし。須(すべから)く、回光返照(えこうへんしょう)の退歩(たいほ)を学すべし。身心(しんじん)自然(じねん)に脱落(だつらく)して、本来の面目(めんもく)現前(げんぜん)せん。恁麼(いんも)の事(じ)を得んと欲(ほっ)せば、急(きゅう)に恁麼(いんも)の事(じ)を務(つと)めよ。 (現代語訳) たずねみるに、仏道とは、まっすぐ只管打坐する、ただそのままの仏のいのち現成であり、本来あらゆるところにまどかに通達していて妙用自在の絶対の真実である。修行ということで、さとりをことさら求める必要がどうしてあろうか。 まさしく嗣法せられた坐禅、まさしく相承せられた宗旨、まさしく嗣続せられた宗乗であって、何の支障(さわり)もなく心覆い滞ることなく、自在に功夫は重ねられる。 いわんやこの真実の全体は、無常現成のいのち存在なるゆえ、坐禅が絶対の真実そのもので在り得ている。まさにこの尽十方界真実人体は、はるかに迷いの世界を超出している。一体、妄想・迷情を払拭する手段(てだて)な. 年10月5日、一人の天才が世界から消えた。長年のライバルだった米マイクロソフト社のビル・ゲイツは「彼のように深い影響力を与えられる人間はめったにいない。その影響はこれからも多くの世代に受け継がれるだろう」とその死を惜しんだ。 米アップル社創業者、スティーブ・ジョブズ。類いまれな才能が後世に残す「深い影響力」はiPodやiPhoneだけにとどまらなかった。 ジョブズの死後、にわかに脚光を浴び、雑誌が相次いで特集を組んだのが、この天才クリエーターに禅を指南した新潟県出身の曹洞宗僧侶、乙川弘文(おとがわ・こうぶん、1938~年)である。夾雑物(きょうざつぶつ)を排し、洗練さを極めたジョブズのモノづくりは禅が背景にあるとみられた。ジーンズにイッセイミヤケの黒いタートルネックといういで立ちも、シンプルと機能性を備えたジョブズなりの作務衣(さむえ)だったのではないだろうか。. これまで、大内青巒居士について、何度か論文を書いたことがあったのだが、気付かなかった一節を見出した。いや、その本自体は読んでいたので、単純にこのことに関心が及ばなかった、ということだろう。それは、次の一節である。明治十七年十一月東京絶江の露堂に於て菩薩戒弟子藹々. 1 酒井得元老師関係資料. ジョブズは個人的に俊隆とは肌が合わなかったようだが、俊隆が米サンフランシスコの禅堂に呼び寄せた乙川を30年間、師と仰いだ。剃髪(ていはつ)もせず、2度の結婚と同棲を繰り返し、酒にもお金にもルーズだった乙川。およそ僧侶のイメージからはほど遠い師にジョブズはのめり込む。大学構内を裸足で歩き回り、シャワーも浴びずにバイト先でも孤独な夜勤に回されるジョブズにとって、私生活も精神も融通無碍(むげ)な乙川は恐らく魅力的に映ったのだろう。 スティーブ・ジョブズが師と仰いだ乙川弘文(写真提供=Nicolas Schossleitner) 自身の数多い豪邸の1軒を与え、毎日のようにジョブズは入り浸るが、2人の間にどのような問答があったか知る由はない。乙川は64歳の時、スイスの池で溺れかかった5歳の二女を助けようとして自身も溺死。突然の訃報にジョブズのショックは計り知れなかったという。. 登録番号 分類記号 読み仮名 著者名 書名 出版社 出版日 サイズ ページ数; 1653: 188: キ: 木下尚江: 法然と親鸞: 金尾文淵堂.

編輯の順序は永平本正法眼蔵の木版本と同じである。 「道元禪師研究の手引」(永久岳水・著)113~114頁より 明治18年8月10日(1885)55歳 青蔭雪鴻禅師、脳出血の為、午前5時に遷化する 。 同年8月15日、密葬。. 道元禅師伝研究 関口 七星 角 田 道元禅師の修行観について 市川 公成 角 田 ―悟りのプロセスを他の高僧と比較して―中島道元禅師における悟りについて 章史 角 田 道元禅師と現代 林 萌 角 田 道元禅師の坐禅観 長井 大道 田 道元禅と黙照禅 菊地 憲宗 長谷部. 禅 zenの映画レビュー・感想・評価一覧。映画レビュー全13件。評価3. 山喜房佛書林の本 - 仏教書とお経本(各宗派)の専門書店です。店頭販売は平日と土曜日の13時~18時営業です。通信販売はご注文フォームより承ります。. 近代日本の居住習俗 - 鈴木鴻人 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. しかし、ここでも道元の疑問に対する答えは得られず、真の仏法を学ぶには中国(宋)で学ぶしかないと道元は考えた。師の明全も同じ考えであり、彼ら2人は師弟ともども貞応2年(1223年)に渡宋する。 道元は天童山景徳寺の如浄に入門. Amazonで鈴木 鴻人の道元禅の起源―思想としての身体。アマゾンならポイント還元本が多数。鈴木 鴻人作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

鎌倉・稲村ケ崎。江ノ電から降りると、柔らかな時の流れに全身が包まれる。ここ一法庵を拠点に世界各国で瞑想指導を行っている住職の山下良道氏は今、日本の仏教界をけん引するフロントランナーの一人だ。米国での布教経験もある山下氏は、ジョブズにもたらした禅の影響について語る。 一法庵住職・山下良道氏 「彼はマーケティングを一切しなかった。座禅によって自分の中に下りていき、自分が本当に望むものを徹底的に見ようとした。自分の深いところから来るものを作るから、製品は相手の深いところを揺さぶる力を持っていた。自分は一体何を望むのか。それを探るのが彼の究極のマーケティング・リサーチだったのでしょう」 ジョブズが年に米スタンフォード大学の卒業式で行った有名な演説がある。「私は毎朝、鏡の中の自分に向かって、『今日が人生最後の日だったとしたら、今日の予定をやりたいと思うだろうか』と問いかける。『ノー』の日が続いたら、何かを変えなければいけない」 山下氏は続ける。 「自分に日々問いかけ、その時に本当にしたいことをしなければいけないと言っている。普通はそう思ってもなかなかできない。だって空気を読んで、皆に好かれる生き方をした方が楽だから。しかし、ジョブズは違った。深く下りていき、普段のモノの見方とは違う、もう一つの視点をキープしようとした。そのために坐禅を使ったのでしょう」 山下氏は欧米から“逆輸入”された「マインドフルネス」を日本の禅に再度注入し、日本仏教界の再生・変革を促そうとしている。. 道元禅の起源 思想としての身体/鈴木 鴻人(哲学・思想・宗教・心理)の最新情報・紙の本の購入はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。. 0059 草笛禅師 横山祖道 人. 建築の彼岸 - 鈴木鴻人 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. See full list on nippon.

ヨガの普及により日本で市民権を得つつあった瞑想は、オウム事件によって怪しげなベールをまとってしまった。マインドフルネスがそのネガティブなイメージを拭い去ってくれるのだろうか。 前出、山下氏は言う。 「日本におけるマインドフルネスは最初から“骨折”して入ってきている。ただ、それが治ったとき、日本のマインドフルネスは世界最強になりますよ」. 第6期号 6 道元禅の起源 1900円 資料 鈴木鴻人著 第6期号 6 子ども達は今!! 200円佐賀県曹洞宗青年会調査 資料 佐賀曹青 第6期号 6 僧堂の行持 1000円瑞応寺編 資料. (訓読) 嘗(かつ)て観(み)る、超凡越聖(ちょうぼんおっしょう)、坐脱立亡(ざだつりゅうぼう)も、この力(ちから)に一任することを。いわんや、また、指竿針鎚(しかんしんつい)を拈(ねん)ずるの転機(てんき)、仏拳棒喝を(ほっけんぼうかっと)挙(こ)するの証契(しょうかい)も、未(いま)だこれ思量分別(しりょうふんべつ)の能く解(げ)するところにあらず。 あに、神通修証(じんづうしゅしょう)の能く知るところとせんや。声色(しょうしき)の外(ほか)の威儀(いいぎ)たるべし。なんぞ知見(ちけん)の前(さき)の軌則(きそく)にあらざるものならんや。 然(しか)れば則(すなわ)ち、上智下愚(じょうちかぐ)を論ぜず、利人鈍者(りじんどんしゃ)を簡(えら)ぶことなかれ。専一(せんいつ)に功夫(くふう)せば、正(まさ)にこれ弁道(べんどう)なり。修証(しゅしょう)自(おのずか)ら染汙(ぜんな)せず、趣向(しゅこう)更にこれ平常(びょうじょう)なるものなり。凡(およ)そ夫(そ)れ、自界他方(じかいたほう)、西天東地(さいてんとうち)、等(ひと)しく仏印(ぶっちん)を持(じ)し、もっぱら宗風(しゅうふう)を擅(ほしいまま)にす。ただ打坐(たざ)を務(つと)めて、兀地(ごっち)に礙(さ)えらる。万別千差(ばんべつせんしゃ)というといえども、祗管(しかん)に参禅弁道すべし。 なんぞ自家(じけ)の坐牀(ざしょう)を抛却(ほうきゃく)して、みだりに他国の塵境(じんきょう)に去来(きょらい)せん。もし一歩を錯(あやま)れば、当面(とうめん)に蹉過(しゃか)す。既に人身(にんしん)の機要(きよう)を得たり、虚(むな)しく光陰を度(わた)ることなかれ。仏道の要機(ようき)を保任(ほにん)す、誰(たれ)かみだりに石火(せっか)を楽(たのし)まん。しかのみならず、形質は(ぎょうしった)草露(そうろ)のごとく、運命は電光に似たり。倐忽(しゅくこつ)として便(すなわ)ち空(くう)じ、須臾(しゅゆ)に即ち失(しっ)す。冀(こいねがわ)くは、其れ参学の高流(こうる)、久しく摸象(もぞう)に習って、真龍(しんりゅう)を怪(あやし)むことなかれ。直指端的(じきしたんてき)の道(どう)に精進(しょうじん)し、絶学無為(ぜつがくむい)の人を尊貴(そんき)し、仏仏の菩提(ぼだい)に合沓(がっとう)し、祖祖の三昧(. 道元禅の起源 : 思想としての身体 フォーマット: 図書 責任表示: 鈴木鴻人著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 泰流社, 1984.

道元禅の起源 - 鈴木鴻人

email: uzyhugyv@gmail.com - phone:(463) 701-9075 x 5895

中学事典国語 - ドールハウス 稲積ひろこ

-> ゴーイング・プライベート(非公開化)のすべて - 水野信次
-> 油圧ピストンポンプの設計 - 渡部富治

道元禅の起源 - 鈴木鴻人 - これだけは 就職試験情報研究会 女子大生の一般常識


Sitemap 1

ドイツ語きいてはなして - 日本フローラルマーケティング協会 お花屋さんマニュアル